【2°】安室奈美恵さん 引退

歌手の安室奈美恵さんが
本日2018年9月16日に、25年の活動に終止符をうたれました。

彼女が小室哲哉プロデュースで曲をリリースし始めた1995年。
当時 僕は14歳。
中学1年生で、音楽・ギターを始めた頃かな。
そりゃ影響を受けない訳がない。

みんな聴いてた。
ほんとにみんな聴いてたな。

岡山の田舎の中学生にも影響がすごかったんだから、
きっと都会はもっとすごかったと思う。
安室ちゃんの影響でダンスを始めた人も多かったし。

「WORLD MUSIC AWARDS 2010」で
「ベスト アジアン アーティスト賞」を
獲られた時は、胸が熱くなりましたね。
(日本アーティストではCHAGE and ASKA以来)

僕はファンクラブに入っている訳でもなく
コンサートに毎回いく訳でもないので
熱狂的なファンの方のように、
レアエピソードなどは詳しく書けませんが
個人的に
2020年 東京オリンピックで彼女のパフォーマンスが観たい
という想いでした。

印象に残っているのは
「HEY HEY HEY」でのダウンタウンさんとのトーク。
フリートークは性格がでると思うから、本当にステキな性格・人間性なんだと思います。
また、
映画『学校2』でたかしとゆうやが寮を抜け出して、安室奈美恵のコンサートに行くシーン。
物語の中でも印象的でした。

僕は
タレントになりたいという人を面接・オーディションさせて頂くことがよくありますが
「安室ちゃんになりたい」
という人は本当に沢山います。

彼女らに
「何を努力してるの?」
って聞くと、決まって答えは
「何も、、、」
「(マジか)・・・・・」
彼女がどれだけ努力してると思ってるの!
と毎回言っています。

歌唱
ダンス
体力維持
体型維持
体調管理
などなど
あのクオリティを維持するために、
相当な相当な努力をされていたと思います。

一体
どれくらいの想いで
どれくらいの覚悟で
活動されていたのか。
僕が想像している以上でしょう。

僕ももっともっと頑張らないとね。

アーティスト活動は『引退』ですが
新しい人間活動の『始まり』です。
今までやりたくてもできなかったことを存分にやってもらいたいですね。

このエッセイで
アーティストや俳優、音楽や作品のことも書いていこうと思っていたけど
まさか、1stが安室ちゃんになるとは。

たくさんたくさん、お疲れさまでした。
たくさんたくさん、ありがとうございました。

2018年9月16日
◆成田雅嗣(なりたまさつぐ)◆
Twitter
Instagram
Facebook




関連記事一覧