• Works
  • Casting・Management

面接:所属オーディション





1年と通して
『人が動く時期』
があります。
 
3月はそのピークでね。
12月も動く時期なんです。
 
最近は打ち合わせの合間に
面接:所属オーディション
を行っています。
 
うちはキャリアも年齢も関係なく受け付けていますから
ほんとにいろいろなキャリアの方から応募を頂きます。
 
プロダクションのことも
僕のことも
芸能界のことも
ちゃんと知って頂いてから判断してもらいたいので
1人90分~120分くらい
平気でかかってしまいます。
 
うん。
それくらい時間をかけて審査させてもらっています。
 
逆に
プロダクションなんかたくさんたくさんあるから
うちもタレントに審査してもらっています。
本当にうちに入りたいのか。
 
 
ぼくが一番重要視しているのは
『やる気』
です。
 
やる気があるから
所属オーディションに応募してきたはずなんだろうけど
ま~これが、、、
ほんとにやる気があるのかよ
という人もいるもので。
 
一番多いのが
「映画に出たいです」
と言っているくせに
「自分、映画は観てないです」
という人。
 
もうね。
??????
という反応しかできないです。
 
出たいのに、観ない?
観てないのに、なぜ出たい?
 
??????
だよね。
 
芸能活動は
ファッションでも
ブランドでも
ないんです。
 
『仕事』
ですので。
 
と言っても伝わらないし
くちうるさいおっさんになるから
あんまり言いたくないんだけどね。
 
面接の時
こちらの手の内(戦略)を明かさないと信用してもらえないし
明かしすぎると情報や戦略のみをもっていかれるだけになるし
このバランスが非常に難しくて
毎回悩み、毎回反省をします。
 
僕と会ったことがある人ならわかると思いますが
これが相手がビックリするくらい本気で仕事をしていますので。
 
本気で売り出すためには
本気で取り組まないと仕事なんか取れないんです。
 
だから、
タレントにも本気になってもらわないとさ。
 
面接させて頂くなかでもちろん
『いいマインドだな』
という人もいるので、
毎回ドキドキワクワクしています。
 
いい仕事がないといい人材が入ってこないことは十分わかっています。
でも
いい人材がいないといい仕事も入ってこないのです。
 
面接時に
『一緒にやりたい』
と思ってくれている顔をしている人にも
あえて僕は
『一度もちかえって、ゆっくり考えてね』
と時間をつくらせます。
 
勢いも大事なんだけど
しっかり考えることの方がもっと大事なんで。
 
 
いい出会いがありますように。
興味がある方はこちらから
やる気のある方、大募集中です。
 
 
◆成田雅嗣(なりたまさつぐ)◆
Twitter
Instagram
Facebook




関連記事一覧